もちの木が見守る陶工房

アトリエへと誘う通り土間のギャラリー。

 「こんな市街地に窯があるなんて! と驚かれます」と話すのは「陶工房もちの木」の窯元であるKさま。敷地はもともとKさまの祖父母の住まいがあった場所。当初は築60年以上の堂々とした日本家屋のリノベーションを視野に入れていた。だが、広い工房スペースが必要なため、新築の設計を岸さんに依頼。「まず考えたのは、敷地の中心にあったもちの木の扱い。長年この場所で年を重ねてきた木を残し、工房と住まいを分離し、ゆるやかにつなげる役目を担わせました」。1階はもちの木を囲むようにゲストルームと工房をレイアウト。ゆっくりと創作活動に打ち込めるように、アプローチは長さのある通り土間にし、そこにも作品を展示。2階の居住スペースにはやさしい木陰を生み出すバルコニーを設けた。邸内のどの場所からも感じられる大樹の生命力は、この建物の象徴ともいえる。和洋、新旧がほどよく調和した空間で、やさしい作品が生み出されていく。

工法 在来工法(木造軸組工法) 
テーマ  
延床面積
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印

イシマルデザイン一級建築士事務所 その他の施工実例

社名 イシマルデザイン一級建築士事務所
電話番号

☎ 電話でのお問合せはこちら

089-916-6885※お問い合わせの際は「いえひめを見た」とお伝え下さい
住所 松山市福角町甲557-1
ファックス 089-916-6200
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
建設業者許可番号 一級建築士事務所登録/愛媛県知事登録第3169号
ホームページ http://www.ishimarudesign.com
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印 この会社の施工実例一覧へ戻る