古いもの、新しいものが共存し、高め合う場。

イギリスのアンティークが好きなご主人。英国のクラシックカーを所有されており、それを収めるインナーガレージが特徴的な建物となっている。観音開きのドアを開けると、そこは男の隠れ家。ここからアンティークドアを通って玄関ホールへと出られる。重厚な玄関ドアのデザインに合わせて、リビングへと至るドアを造作。そこにステンドグラスを取り入れることで、豊かな表情を生み出した。リビングはお気に入りの照明器具に合わせて、やや高めの腰壁をあしらっている。ディテールをヒントに、全体の構成を構築し、小物を輝かせる。そんな智子さんのセオリーが生かされた。吹き抜けリビングは、2階ホールとゆるやかにつながっている。天井の一部に屋根勾配を見せて、立体感を出したアイデアも秀逸だ。アンティークのアイアンなど古いものに、新しいものが共存し、高め合う住まいとなっている。

工法 2×4・2×6工法/輸入住宅(軸組壁工法) 
テーマ モダン アンティーク 
延床面積
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印

fol設計 その他の施工実例

社名 fol設計
電話番号

☎ 電話でのお問合せはこちら

089-993-6694※お問い合わせの際は「いえひめを見た」とお伝え下さい
住所 松山市来住町1333-8
ファックス 089-993-6695
代表者 石村 智子
設立 2009年
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜
建設業者許可番号 二級建築士事務所登録/愛媛県知事登録 第4923号
ホームページ http://fol-architect.com/
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印 この会社の施工実例一覧へ戻る