四国の土地性を感じさせるレストラン

ゆるやかに流れる時間、瀬戸内の海のきらめき、四国の“あやふや感”を演出。

東京都日本橋に完成した「SHIKOKUバル88屋(はちはちや)」は、四国の食材を使った郷土料理を提供するレストラン。河野さんは同コンセプトの店としては丸の内にある「88屋」に続く設計となった。「両店に共通するのは四国らしさの演出。あらためて四国を見つめたとき、都市部と田舎部が混在した良くも悪くも“あやふやな土地”であると感じました。そのファジーななかにある居心地のよさが四国の魅力だと思ったのです」。丸の内では積極的に阿波藍や焼物など四国の工芸品をしつらえに取り入れたが、日本橋ではあえてそうした手法を取らず、時間軸という抽象的なイメージを店内に散りばめた。骨董箪笥が醸し出すゆるやかな時間の流れ、壁面に取り付けた木材が描く瀬戸内海のきらめき。ゲストは座る席、目に入る場所により多様な四国のイメージを抱くことができる。客層を考慮し、アーバンなデザインだが、どこかぬくもりを感じさせる。その印象こそが、河野さんがとらえた四国のもう一つの顔なのだ。

工法  
テーマ モダン シンプル スタイリッシュ 
延床面積
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印

この会社へ資料請求・
問い合せをする

Y.Architectural Design その他の施工実例

社名 Y.Architectural Design
電話番号

☎ 電話でのお問合せはこちら

089-926-0747※お問い合わせの際は「いえひめを見た」とお伝え下さい
住所 松山市南江戸3-10-15 池田BLD1F
ファックス 089-926-0747
代表者 河野洋一
設立 1998年
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
社員数 2人
建設業者許可番号 一級建築士事務所登録/愛媛県知事登録第2486号
ホームページ http://yad.style.coocan.jp/
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印 施工実例一覧へ戻る