物件見学マニュアル

「いつかはマイホームがほしい」と思っているみなさん!計画は進んでいますか?
土地や家を買う経験は一生に一度という人がほとんどです。そんな大きな決断に悩むのは当たり前。
でも、考えるだけでなく、物件見学をして見る目を養うことも大事です。

そこで、今回は物件見学のポイントをご紹介します。いい物件を見つけるための見学に出かけましょう!

物件見学までの流れ

  • 条件を整理

    どんな家が欲しいのかを考え、条件を書き出した上で、優先順位を付けて整理します。下の条件項目を参考に整理してみてください。

    予算 物件の種類 希望エリア アクセス条件 間取り・広さ 譲れない条件 できれば叶えたい条件

    1

  • 情報をチェック

    まずは「住まい情報えひめ.com」「SUUMO」で条件に合う物件を探してみましょう。ここで絞り込みすぎないようにし、予算と譲れない条件のみでチェックするのがコツ。

    2

  • 物件を選び出す

    チェックした情報の中から見学したい物件を選び出します。気に入り度合の高い順または条件に合っている度合が高い順に順位をつけておきます。

    3

  • 見学希望日を決める

    見学に行ける日はいつですか。1時間~2時間が所要時間の目安ですが、慌ただしくならないように時間にゆとりのある日を選ぶようにしましょう。

    4

  • 見学予約を入れる

    見学には予約が必要です。不動産会社に電話をして予約を入れましょう。メールやHPで見学予約を受け付けている所もあります。

    5

  • 見学に行く

    チェックポイントをあらかじめ確認したうえで、下記アイテムを持参してしっかり物件をチェックしましょう。見学キャンセルの連絡はできるだけ早目に。

    6

見学に持っていくものを準備

カメラ

カメラ

内装や設備、部屋の雰囲気など、メモをしておくだけでは分かりにくいことを写真に撮っておきます。携帯電話にカメラ機能があれば、それでもOK。

筆記用具

筆記用具

記憶は時間の経過と共に曖昧になるものです。だから記録しておくことが大事。そうすることによって細かく見るようにもなります。

メジャー

メジャー

実際に長さ、幅、高さなどを測りたい時のために準備しておきましょう。測ったサイズは間取り図などにメモをしておきます。

資料

資料

物件の情報が掲載されている資料や先方担当者の名前などをメモしたものなどを忘れずに。資料を整理するためのファイルなどがあるとGOOD。