物件見学マニュアル

住まい選びは賃貸派とマイホーム派の2つがあります。
どちらが自分のライフスタイルや価値観にあっているのか、考えてみたことはありますか。

今回は賃貸とマイホームについて、統計データやそれぞれを選択した人の声などをもとに比べてみました。家選びをする前に、ここでの比較を参考に「借りる」「買う」について一緒に考えてみましょう!

統計では65%強が「マイホーム派」

「賃貸」と「マイホーム」のどちらを選択している人が多いのか、またどちらがいいと考えているのかを統計で探ってみました。

マイホームor賃貸 今住んでいるのは?

約3分の2が持ち家という結果となっています。ちなみに5年前の同調査でもほぼ同様の結果でした。持ち家の中には親から譲り受けた家等も含まれているでしょうが、マイホーム派が多いことはこのデータから分かります。

マイホームor賃貸 住みたいのは?

約85%の人が「マイホーム」を望んでいることが分かります。同調査での「現在の住まいの形態」においては約35%が賃貸住宅(社宅を含む)なので、現在は賃貸住宅を選んでいますが、将来的にマイホーム派になる人もいることが予想できます。

賃貸派とマイホーム派の選択理由は?

上記の「マイホーム派」or「 賃貸派」の人たちがそれぞれを選択した理由について見てみましょう。

※2014年「不動産の日アンケート調査」((公社)全国宅地建物取引業協会連合会、(公社)全国宅地建物取引業保証協会)

賃貸派

賃貸住宅を選んでいる主な理由は「自由度」のようです。暮らしや家族数の変化に合せて住み替えることができるという自由度や、たとえば家計の状況に合った家賃の家を選べるという自由度など。

マイホーム派

住宅ローンには返済に終わりがあるけれど、家賃には払い終わりがなく、さらに資産を残すことにもつながらないので、家賃が無駄だと考え、マイホームを選ぶ人が多いことが分かります。

賃貸派・マイホーム派の選択理由を探る

どんな理由が多いのかをご紹介しましたが、ここでは理由を少し掘り下げてみたいと思います。そこで「住まい情報」読者の賃貸派とマイホーム派に、それぞれを選んだ理由について聞いてみました。

賃貸派
  • 家より充実させたいものがある

    家より充実させたいものがある 賃貸派

    子どもの教育や家族の思い出づくり、家族それぞれの趣味など、心を豊かにするためのコトやモノを充実させたいと考えています。家を持つことより、そちらの方が大事だと思うので、マイホームにお金をつぎ込む気になれません。

  • 住宅ローンを返しきる自信がない

    住宅ローンを返しきる自信がない 賃貸派

    先が読めない時代なのに、30年ものローンを組んで、それを完済することができるのだろうか、と不安になります。住宅ローンの返済にこの先、何年も縛られるわけですから、そこに踏み出す勇気が持てないというのが正直な気持ち。

  • その時々に合せて住み替えたい

    その時々に合せて住み替えたい 賃貸派

    マイホームを手に入れると、同じ町、同じ家に住み続けることになり、不自由だと思います。賃貸住宅ならその時々の暮らしや気分に合わせて住み替えられるのがいい。愛媛は家賃も安いし、初期費用のかからない物件も多いので、住み替えが気楽にできます。

  • ランニングコストがかからない

    ランニングコストがかからない 賃貸派

    時の経過とともに家はメンテナンスが必要ですが、賃貸住宅ならメンテナンス管理はオーナーさんや不動産会社に任せておけばOK。マイホームを持てばメンテナンスのための費用がかかるだけでなく、手配も自分の負担になり、煩わしいので賃貸がいい。

  • マイホームは夢のひとつだから

    マイホームは夢のひとつだから マイホーム派

    自分の家をもつというのは夢だったし、結婚してからは夫婦共通の目標でした。マイホームで暮らすというライフスタイルやステイタス感は満足や働き甲斐につながっています。自己満足かもしれませんが、信用度をアップさせるというイメージもあります。

  • 老後に住居の心配をしなくてよい

    老後に住居の心配をしなくてよい マイホーム派

    住宅ローンを定年退職までに返済してしまえば、退職後に収入がなくなっても住居費用の心配をしなくていいので安心です。賃貸住宅は年金暮らしになった後の家賃負担が心配。高齢になった時の負担を減らす意味でも若いうちにマイホームを購入したい。

  • 財産として子どもにのこしたい

    財産として子どもにのこしたい マイホーム派

    マイホームは財産になります。限られた収入の中で財産をのこすことを考えると、自分達が快適に暮らせてなおかつ財産にもなるマイホームは賢い選択だと思います。住宅ローンの返済は、財産をつくるための投資でもあるわけです。

  • 好きなようにできるという幸せ

    好きなようにできるという幸せ マイホーム派

    賃貸住宅には様々なルールがあり、自分の好きなように使えるとは限りません。たとえばペット不可や楽器演奏不可など、賃貸住宅だと思うようなことが実現できないケースが多いのです。その点、マイホームの方が暮らし方の自由度が高いのでうれしい。