CozyBASE コージーベース
設計士紹介

設計士・建築士

松本好司 (代表取締役)

CozyBASE コージーベース

松山市保免中1-2-9

TEL089-994-8901

PROFILE

松山市生まれ。富士通で26年間勤務し28回の経営表彰を授与。その後、広島県庁の特別職として経営企画アドバイザー、国の研究機関のプロジェクトマネジメントアドバイザー、経営大学院の新設などの公的職務を歴任。世の中のためになる仕事をやってきています。

MESSAGE

コージーベースの家にいると、なぜ落ち着くのか?

____それは体に健康で安心な空気の家だからです。


完成見学会では平均2時間以上ご滞在を頂いています。
健康に良い素材を使うと、素材そのものが快適な空間を自然に作ってくれます。



見学会で30件以上も家を見て来られた方が、コージーベースの家にされるのか?

____それは、ほかでは真似が出来ない健康なおうちを建てているからです。

快適で住みやすいな家かどうかは、床・壁・天井を触ったり、匂いを嗅いだりすると家が教えてくれています。

健康素材で作る家は将来に渡って得られる利益が違ってきます。
そこで毎日を過ごす快適な暮らしは人生をUPグレードしてくれます。


お客様の満足度と、お客様の最大利益を追求するため、コージーベースは大手ハウスメーカーでも、地域の工務店でも真似ができない健康な家づくりをご提案します。

 

        資料請求はこちらから → cozybase.jp/contact

 

 

〈 会社紹介 〉

保育園の新設に携わり住宅建材から出る化学物質の健康被害は社会問題だと認識しました。日本国においては健康被害に対する法的規制は後進国です。発がん性物質、神経性化学物質、皮膚や呼吸器に影響を与える化学物質。ほとんど無規制・無保証・無検証の状態で使われています。

 

なぜ、こんなに心療内科の数が増えたのでしょうか?

精神病の多くはシックハウス(化学物質過敏症)と同じ症状です。小さな子供に精神薬を投与している世の中に疑問を感じます。


なぜ、こんなにアレルギーや喘息の子供が増えたのでしょうか?

厚生労働省が人体に影響を与えると示す化学物質を使われているからです。国民の健康を守るのは厚生労働省、家の建築基準を作るのは国土交通省といった縦割り行政の中で日本では体に悪い建材が使われ続けています。


なぜ、健康診断で〝ガンの家系〟と言われるのでしょうか?

発がん性が高いため製造中止になっている化学物質をシロアリ駆除などで使われていたからです。その家に住むとガンになる確率が高いのは当たり前のことです。

 

このような社会問題に対して、家の基本性能であるべき健康・安全・安心な家を世の中に提供していこうと考えて地元の松山に戻って建設会社をやっています。

施工実績

施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
施工実例
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印