匠の技が光る、石場建ての家

日本の建物の優秀性と美意識を誇る伝統構法。

木組み・土壁・石場建ての伝統構法によって形づくられた住まい。現 代の住まいの多くは、コンクリートの基礎があり、土台と建物がしっかり とつながっている。ところが古民家や寺社は束石の上に柱がのった構 造。床下に風が通ることで、家の寿命を長持ちさせる。また地震の際に は揺れをダイレクトに受けず逃すことができる。日本の古い寺社が何百 年も受け継がれているのは、そのためだ。今や、この石場建てに対応で きる匠は全国でもわずか。宮大工であり、現在は道後温泉本館の改修 復元工事を担っている村上さんだからこそ、為し得た工事といえるだろ う。使用した材はほとんどが施主さまからの支給。墨付け、製材、加工も すべて手仕事にて行い、随所に丁寧な大工仕事を体感できる。

工法  
テーマ  
延床面積
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印

この会社へ資料請求・
問い合せをする

村上工務店 その他の施工実例

社名 村上工務店
電話番号

☎ 電話でのお問合せはこちら

089-963-4328※お問い合わせの際は「いえひめを見た」とお伝え下さい
住所 松山市東方町甲2324-2
代表者 村上義浩
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休
建設業者許可番号 建設業許可番号/愛媛県知事許可(般-1)第18414号
ホームページ http://www.mrkm-koumuten.com/
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印 施工実例一覧へ戻る