時を経た素材と新しい素材が、あるがままに共存。

 祖父から家を受け継いだ孫世帯のための古民家改修。奥野さんは元の建物を生かしながら、使い勝手と耐震・断熱などの性能面を改善することを念頭に置いて取り組んだ。既存の土壁を耐力要素としてできる限り残したうえで、基礎を含めた補強を行った。大きな土間を含む建物全体の断熱性能を上げることは困難だと考え、既存建物の仕様や工法を調査し、新たな断熱ラインを設計。空間構成は半透過のパネルを採用し、あえてすべてが見通せないように「ゆるやかにつなぐこと」を意図したそうだ。そのつながりにより、家族で親密に過ごせるキッチンとダイニング、原っぱのような庭や畑と一体となるリビングがつくられた。そして日々の生活を支える家事動線はコンパクトに。家全体になんとも味わい深さが感じられる。「時を経た素材と新しい素材を、取り繕うことなく、あるがままに共存させた」ことによって生まれた趣である。

工法  
テーマ  
延床面積 191.69㎡(57.99坪)
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印

この会社へ資料請求・
問い合せをする

奥野崇 建築設計事務所 その他の施工実例

社名 奥野崇 建築設計事務所
電話番号

☎ 電話でのお問合せはこちら

089-968-2887※お問い合わせの際は「いえひめを見た」とお伝え下さい
住所 松山市味酒町2-18-1 味酒04ビル3F
営業時間 9:00~22:00
定休日 無休
建設業者許可番号 一級建築士事務所登録/愛媛県知事登録第3129号
ホームページ http://okunotakashi.jp/
この会社へ資料請求・問い合わせをする【無料】矢印 施工実例一覧へ戻る